超人気コミック「NANA」が映画化


 女子中高生を中心に絶大な支持を受け、1700万部を超える少女コミック「NANA」(集英社)が、歌手の中島美嘉(21)、女優の宮崎あおい(19)主演で映画化されることになった。人気漫画家・矢沢あいさん(37)の原作で、ナナと奈々という20歳の2人が織りなす恋模様、青春群像をつづる。メガホンを取る大谷健太郎監督(35)は「ファンを代表する気持ちで、責任を持って、期待は裏切りません」と宣言した。

 「ベルサイユのばら」「キャンディ・キャンディ」など、少女漫画の歴史を彩った名作に肩を並べる勢いの「NANA」が、ついにスクリーンに“進出”する。

 ひと目ぼれが得意!?な恋多き乙女・小松奈々と、メジャーを夢見る野心家のボーカリスト・大崎ナナという、対照的な2人がつむぐ涙あり、笑いありの青春模様。99年9、12月に少女コミック誌「クッキー」(集英社)に掲載した、それぞれが主人公の読み切りで人気に火がつき、02年5月から同誌で2人が共同生活を始めるという設定で連載が始まった。

 今年8月刊行の単行本11巻で累計1700万部を突破(1日現在)。大谷監督も「読み始めたら止まらなくなって、小学生のころの“キャンディ…”以来の熱中ぶり。現在形で暮らしている女の子のリアリティー、夢と実生活での心の機微とのバランス感覚に刺激を受けた」とぞっこんで、約1年をかけ脚本を仕上げた。

 ナナに同じミュージシャンの中島、奈々には若手実力派の宮崎を指名。原作のファンという中島は「ファンの期待を裏切らないように、精いっぱい頑張りたい。私なりのナナを見ていただけたら」、宮崎も「ファンの多い作品なので不安もありますが、かわいくてオシャレな奈々をリアルに映像に残せれば」と声をそろえる。

 来年1月中旬にクランクインし、公開は秋予定。製作サイドでは既にシリーズ化も視野に入れており、大谷監督は「原作の持ち味、良さを損なわないよう細心の注意を払う。最高のキャスティングで、これでつまらなかったら監督の責任」と腕をぶしている。

 ≪原作を知らない人も楽しめる映画に…≫映画化決定に、原作の矢沢さんは「漫画は非常に孤独な作業なのですが、大勢の方のアイデアが集まって製作される映画“NANA”がどのようなものになるのか楽しみ」とコメント。「原作をご存じない方もはまれるような、エンターテインメントな作品を期待しています」とエールを送った。また、2人のNANAの相手役となる男優陣には松田龍平(21)、成宮寛貴(22)、玉山鉄二(24)が決まった。

[PR]
by yukiloveaoi | 2004-12-02 19:53 | ☆ NANA ☆
<< 『いぬのえいが』がやって来る ... ■よしもとよしとも原作『青い車... >>